NEW BOOK
ジュウ・ドゥ・ポゥムの最新刊
北欧おみやげ手帖
12年間の「これ、買ってよかった」
RECOMMEND
もっと知りたい北欧のこと
ガイドブック
北欧ゆるとりっぷ 北欧のおもてなし
北欧レトロを
めぐる
21のストーリー
北欧雑貨めぐり
ヘルシンキガイド
RECOMMEND
北欧デザインの魅力たっぷり
インテリアブック
フィンランドの
おいしいキッチン
マリメッコの
デザイナーの
暮らし
北欧
ストックホルムの
ファミリー
スタイル
北欧
コペンハーゲンの
アパルトマン

categories

archives

雑誌「Mart」1月号フラワーアレンジ企画にご協力


 

光文社から発行されている雑誌Mart 1月号にて

フランス生まれのキッチンウェア・ブランド

「ル・クルーゼ」のストーンウェアを使った

フラワーアレンジの企画ページをお手伝いさせていただきました。

 

ハート型のラムカン・ダムールや

お花型のラムカン・フルールなど

かたちもかわいらしい「ル・クルーゼ」の食器たち。

 

お料理の盛り付けに使うだけでなく

もっと自由に、楽しく、使うシーンを増やしたいという

Mart」読者の方の声から

Les Prairies atelier asakoのフローリスト

松尾 亜紗子さんが、

さまざまなフラワーアレンジを提案していただきました。

撮影は、ジュウ・ドゥ・ポゥムの徳吉 が担当させていただきました。

 

花とグリーンのフォルムや質感の取り合わせ、カラーリングに

パリの空気を感じる、松尾 亜紗子さんの花あしらい。

ボンヌ・ママンのジャム瓶や、ワインのコルクなどとの

組み合わせも楽しく、簡単にご自宅でもトライできるアイデアです。

ぜひMart1月号をご覧くださいね。

 

撮影場所のギャラリー・ドゥー・ディマンシュでは

毎月1回、松尾 亜紗子さんによる朝活レッスンを開催中。

すがすがしい朝に、パリと花とを感じてみませんか?

 

 

 


日比谷 松本楼(横浜)に徳吉 久の写真を展示しました!


横浜駅のJR線と相鉄戦の連絡通路にある
日比谷 松本楼 相鉄ジョイナス店の
リニューアルにともない
店内壁面に、フォトグラファー徳吉 久の写真を
展示させていただくお仕事をしました。





日比谷 松本楼は、明治36年創業という歴史あるレストラン。
その本店は、緑あふれる日比谷公園の中にあります。

1階で楽しめる洋食、そして3階で味わえる本格フレンチと
お料理がおいしいことは、もちろんのこと
雰囲気のいいレストラン店内からの眺めは、とっても素敵。
カメラ好き女子なら、おもわず撮影したくなる
そんなフォトジェニックな空間です。

テラスそばの大きないちょうの木は、
パワースポットなのだそう。特に恋愛運に効果アリだとか!
美しい木漏れ日を浴びながら、お食事やお茶をするだけで
気持ちも、リフレッシュできますよ。

 
 

相鉄ジョイナス店でも、本店を取り囲む
いきいきとした木々や美しい光、
趣きある本店内の様子を、目で楽しみながら
お客さまに素敵なお食事の時間を過ごしていただきたいと
撮影した写真を展示いたしました。

モノクロとカラーの写真を織り交ぜた構成で、
本店で出会ったさまざまな表情のシーンを見せています。
 
 
 
 
また、通路側の窓ガラスにも、
木々と小鳥たちをデザインしたカッティングシートで
さわやかで、ぬくもりあるイメージを作り出しました。
 
 
 
 
ぜひ日比谷 松本楼へお越しいただき
「緑あふれる森のレストラン」の雰囲気を
お楽しみいただければ幸いです。
 
 


今回ご一緒させていただいた
日比谷 松本楼の小坂 文乃さまはじめ、スタッフの皆さま
そして、デザイン事務所 スタイル イズ スティル リビングの齊藤 敏彦さま
どうもありがとうございました!




 

Cookirayクーキレイ・パリ撮影のお仕事をしました


富士工業グループ innoinnoの

ダイニング照明「cookiray クーキレイ」

コミニュケーションツールのための

撮影とそのコーディネートのお仕事をさせていただきました。

だんだん寒くなってきた、この季節

ダイニングで、お鍋をしたりする機会も増えるのではないでしょうか?

そんなときに活躍するのが、この cookiray

テーブル上で、お料理するときに、

気になる煙や油、ニオイを吸い取って

空気をきれいにするダイニング照明です。

パリに暮らすアーティストたちに、協力してもらって

彼女たちのダイニングで、実際に

cookiray を使いながら、撮影をしました。
スタイリングは Pauline Ricard-André ポーリーヌさんが​担当

あざやかなイエローのテーブルを囲んで、

家族でグリルを楽しんでいるのは

素敵な壁紙を発表している 

minakani lab のデザイナーのセシルさんたち、

Cécile & Bruce Figuetteファミリー。

そして、デザイナーでミュージシャンとしても活躍する

Emilie & Rémi Sauzedde エミリーさんとレミさんカップルは

かぼちゃソース添え豚肉のアプリコット煮を作ってくれました。
 

パリのみんなも、お料理しながら

cookiray に煙が吸い込まれている様子に興味津々。

笑顔あふれる映像からも伝わるように、楽しい撮影となりました。

cookirayについては、ぜひ下記ウェブサイトもご覧ください。

Hello! cookiray  The Air Clean Technology


最後にこの場を借りて、制作スタッフの皆さまに

素敵なお仕事をご一緒させていただいたこと、

お礼を申し上げます!ありがとうございました。



 


| 1/1PAGES |